2010年6月14日

東京地区の冷薄、荷足低調 弱横ばい

 冷延鋼板は弱含み横ばい。足元の市中価格(ベースサイズ、トン当たり)は8万6000―8万8000円。

 高炉メーカーが7月以降の店売り向け価格の追加値上げを表明したが、先高を見込んで在庫を手当てする動きは少ない。電子機器向けや娯楽施設の板金向けなどの一部の好調分野を除き、全体的に引き合いは低調。とくに仲間売り向けは仮需の反動で停滞しており、6月以降はさらに販売数量が一段と減少している。

おすすめ記事(一部広告含む)