2010年6月18日

アジア輸出市場、環境改善の兆し

 アジアの輸出マーケットに、環境改善の兆しが出てきた。中国の過剰生産の影響もあり、なお不透明な要素は残るが、鉄鋼貿易関係者によると、今週に入って混乱要因となっていた中国、韓国の輸出姿勢が変化、一転して消極的になっているという。

 値下げ要求一辺倒だった日本ミルの取引リローラーからも、一部にはホットコイルで4―6月積み平均価格を上回る値上げビッドを示すケースも出てきているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)