2010年6月24日

中国、熱延全品種 輸出還付を撤廃

 中国政府は22日、一部鋼材の輸出時増値税還付を、7月15日付で撤廃すると発表した。対象は熱延鋼板類の全品種と冷延広幅帯鋼(厚さ3ミリ以上)、大型H形鋼(幅80ミリ以上)など。付加価値の高い冷延広幅帯鋼(3ミリ未満)や表面処理鋼板などは、13%で据え置かれた。

 還付率引き下げの観測が市場に流れ、4―5月は駆け込みで鋼材輸出が急増。今後は反動と上昇含みの人民元レートが絡み、輸出は減るとみられ、日本の鉄鋼関係者は「アジア全体の需給は適正化に向かう」可能性があるとみている。

おすすめ記事(一部広告含む)