2010年6月24日

豪アンバー、石炭をガス燃料化 クインズランド炭鉱

 新興資源開発の豪アンバー・エナジーのマイケル・ファン・バール取締役は22日、豪クインズランド州南部の炭鉱を拠点に石炭のガス化、燃料化プロジェクトを立ち上げる計画を明らかにした。

 35億豪ドル(約2770億円)をかけて、炭鉱開発から石炭の液化、ガソリン精製など一連の設備を、2014年初めに立ち上げる構想。製品は豪州国内での販売を見込んでいるが、巨額の投資を賄うために日本の資金を期待しており、20%以上の収益率を訴えてプロジェクトへの参画を募る。

おすすめ記事(一部広告含む)