2010年6月30日

日本精線、超精密ガスフィルター 枚方増強

 ステンレス鋼線最大手の日本精線は、半導体やFPD(フラットパネルディスプレー)、ソーラーパネル製造に使用する超精密ガスフィルター「ナスクリーン」の需要増大に対応するため、本年9月末をめどに枚方工場(大阪府枚方市)の設備増強を行い、生産能力を現行比1・5倍以上に引き上げる。投資額は約1億5000万円。

 供給体制の強化により、同フィルター事業を含む金属繊維事業の販売規模について、2010年度で前年度比約50%増の45億円、進行中の中期計画の最終年度となる11年度には60億円をそれぞれめざす。

おすすめ記事(一部広告含む)