2010年8月13日

アジアの薄板市況に上昇気配

 アジアの薄板市況に上昇気配が出てきた。商社筋によると、今週に入ってホットコイルのスポットオファー価格が、今月初めに比べ20―30ドルアップのCFR640―650ドル(トン当たり)程度になった。

 低迷していた中国市況の底入れ気配が濃厚になる中、引き合いが回復してきたこと、中国の主要ミルが9月の国内販売価格を引き上げるとの観測が出ていることなどが要因とみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)