2010年11月25日

ユニプレス、ホットプレス工法 新工法を開発

 自動車部品メーカーのユニプレスは24日、ホットプレス工法の新工法を開発、従来工法に比べ3倍の生産性を実現したことを明らかにした。株主でもある新日本製鉄との共同研究の成果となるもので、従来工法のSPM(1分間当たりのストローク数)が2―3に対し、新工法では約3倍の8が可能になるとしている。

おすすめ記事(一部広告含む)