2011年7月7日

東京地区のナマシ鉄線、実需不足で踊り場

 ナマシ鉄線は横ばい。新値の浸透はある程度進んだものの、足元では踊り場に差し掛かっている。実需に不足感が漂う状況下、荷動きは鈍く価格転嫁の積み残しも意識される。4ミリがトン14万5000円どころ。
おすすめ記事(一部広告含む)