2011年7月25日

東京地区の酸洗鋼板、下げ圧力 横ばい

 酸洗鋼板は横ばい。足元の市中価格(ベースサイズ)はトン7万4000―7万6000円。自動車向けコイルセンターの稼働率は震災前と同水準近くまで戻っている。自動車各社は4―6月の減産分の取り戻しに意欲を示しており、下半期はリーマン・ショック前のペースでフル生産することが予想される。こうした完成車メーカーの強気の計画に対し、部品メーカーや関係コイルセンターは先々の受注に備え、見込み生産で7―9月に作り置きして対応するとみられ、ひも付き向けを中心に在庫調整が進展する見通し。
おすすめ記事(一部広告含む)