2011年11月7日

中国鋼材市況下落続く 金融引き締め需要減速

 中国の鋼材市況は10月最終週も下落を続けた。政府の金融引き締めによって企業の資金調達が滞り、需要が減速。粗鋼生産が10月上旬まで高水準を維持し、需給が緩和したことに加え、鉄鉱石価格の下落が鋼材の先安感を強めた。

 中国鋼鉄工業協会(CISA)によると、粗鋼生産は10月中旬に減少に転じ、鉄鋼メーカーに減産機運が広がっている。急落した市況が早期に底を打つ可能性も一部鉄鋼関係者の間で指摘され、北京の熱延市況が一時反発しており、下落基調にわずかに変化がみられる。
おすすめ記事(一部広告含む)