2012年2月8日

中国鋼材市況横ばい 春節後も需要回復鈍く

 中国の鋼材市況は、1月下旬の春節(旧正月)後も需要の回復が鈍く、様子見が続いている。中国鋼鉄工業協会(CISA)6日発表の2月第1週の熱延市況は、北京が小幅に上がったが、上海と広州は年初以降、横ばい。冷延は横ばい、異形棒鋼は小幅の上昇をみせた。

 冬場の建設の不需要期の中、政府の金融緩和が需要を活気づかせる材料だが、春節後も緩和策実施の兆候はみえず、市況は当面、浮揚力を欠いた展開が見込まれる。
おすすめ記事(一部広告含む)