2012年5月21日

日新製鋼、畜舎材料にZAM供給 耐アンモニア性評価

 日新製鋼は畜舎に使うパネルの材料として、高耐食性鋼板「ZAM」の供給を始めた。明正工業(東京都新宿区)が鶏舎や豚舎で求められる耐アンモニア性が高い鋼板として、ZAMを材料に選んだ。

 パネル「スタイロウォール」は大型受注が複数決まり、6月に名古屋で開催する国際養鶏養豚総合展に出展する予定。今後の拡販を狙う。17日開催の全国建築板金業者山梨大会でも展示した。

おすすめ記事(一部広告含む)