2012年7月2日

真和興業、愛知・小牧に新工場 尾西を移転拡張

 溶融亜鉛めっき加工を主力とする真和興業(本社=愛知県一宮市、眞野和博社長)は、愛知県小牧市内に新工場を建設する。亜鉛めっき処理前後の加工を行う尾西工場(一宮市)を移転、拡張するもので、当面の目標として加工量を現状から3倍増の月間100トン程度に引き上げていく考え。7月初旬に着工し、来年年明けからの稼働開始を目指す計画で、用地取得も含めた総投資額は約3億円。
おすすめ記事(一部広告含む)