2012年9月4日

東京地区の普通鉄線、下値安定には時間

 普通鉄線は弱含み横ばい。市中価格は4ミリの規格線がトン当たり13万7000円、一般用線が12万9000円中心。秋需を背景に荷動きが徐々に上向くなど環境は好転しているものの、需給タイト化には至っていない状況。また、鉄スクラップ価格の先行きが不透明な中、一部流通で見られる弱含みは解消されていない。

おすすめ記事(一部広告含む)