2012年9月7日

東京地区の一般形鋼、様子見横ばい

 一般形鋼は等辺山形鋼のベースサイズでトン6万6000―6万9000円で横ばい。メーカー値上げにより、流通では価格転嫁を進めたい意向を示しているが、荷動きが停滞しているために様子見。上値は重たい状態が続いており、しばらくは市況は現在の価格帯で推移しそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)