2012年9月12日

大阪地区の平鋼、先高観が緩和

 平鋼は7万3000円(トン当たり、ベースサイズ、置き場渡し)どころで、強横ばい推移となっている。

 メーカーが9月販価の値上げを発表したことで、扱い流通は価格引き上げに努めているが、鉄スクラップ価格が下落した影響で相場の先高観が緩和。流通の値上げに対する客先の抵抗が強まり、値上げは一進一退の状態となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)