2012年9月27日

東京製鉄、高松の電炉と圧延機 大中物産に売却

 東京製鉄は、2012年3月末で生産を停止した旧・高松工場(現・高松鉄鋼センタ―)の60トン電気炉、圧延設備(異形棒鋼、線材)を、原料などを扱う商社である大中物産(本部=東京都中央区、本店=大阪市西区)に売却することを決めた。売却金額は未公表。また、東南アジア方面としているが、大中物産による同設備の売却先も公表していない。旧・高松工場の連続鋳造設備に関しては、売却先を選定中としている。

おすすめ記事(一部広告含む)