2014年1月16日

関東異形棒市況、年明けも上昇基調

 関東地区の異形棒鋼市況は年明け、昨年末からの上昇基調を維持したままスタートした。市況はベースサイズ直送トン6万9000円と、昨年末から2000―3000円上がり、一部では7万円台も出始めている。小棒電炉メーカーはコスト高を受けて採算確保が困難な状況が続いている中、販売価格引き上げに向けた取り組みを強化している。

おすすめ記事(一部広告含む)