2014年1月24日

トヨタグループ 14年生産計画、3%増

トヨタ自動車が23日、ダイハツと日野自動車を含めたグループの2014年(暦年)のグローバル生産計画を前年比3%増の1043万台に設定したと発表した。13年の生産実績は29日に公表するとしているが、自動車メーカー初の1000万台超になっているとみられ、14年計画が実現すれば2年連続の1000万台超え。国内生産は消費税増税の反動を踏まえ5%減の405万台、海外生産は海外工場の戦力化などにより9%増の638万台としている。

国内生産の会社別ではトヨタが6%減の315万台と300万台体制を維持。ダイハツは5%減の74万台となるが、建設需要の増加などから日野は5%増の17万台を見込む。

グループの販売計画はグローバルが4%増の1032万台。国内が5%減の218万台とする一方、海外は中国の増加などを見込み6%増の814万台。13年の販売実績は998万台(国内229万5000台、海外768万5000台)だった。

おすすめ記事(一部広告含む)