2014年1月29日

鉄スクラップ 東アジア輸出市場 価格主導権、米から日本へ

 東アジア鉄スクラップ輸出市場の価格変動要因に、変化の兆しが出ている。これまでは、米国のトルコ向け輸出価格、米国東海岸鉄スクラップ市況が、日本を含めた東アジア市場にも大きく影響。米国東海岸の動向は西海岸へと波及し、「これらの変動が、1カ月程度のタイムラグを置いて、日米が競合する東アジアの輸出マーケットに影響していた」(商社)。しかし、ここ1、2年は「タイムラグはほとんどなく、むしろ日本を中心とした東アジアのマーケット動向が、米国西海岸市況に影響を与えている」(流通筋)との見方も強まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)