2014年4月16日

新日鉄住金・八幡、世界最長150メートル鉄道レール 出荷体制整う

 新日鉄住金は16日、八幡製鉄所で世界最長150メートルの鉄道レールの出荷体制を整えたと発表した。製鉄所に精整ヤード、専用釣り具を備えた門型クレーン6基、専用貨車の新設などの設備対策を行ったもので、100メートル以上が主流となる欧州勢(最長はフェストアルピネの120メートル)を超えた。レールの長尺出荷が可能になったことで、線路保守上の弱点とされる溶接箇所削減による保守作業の軽減、安全性の向上などにつながるものと期待される。

おすすめ記事(一部広告含む)