2014年5月1日

13年度鉄鉱石輸入単価 11年度に次ぐ高水準

 財務省の輸入統計によると、2013年度の鉄鉱石輸入単価は前年比17・6%高いCIFトン1万3000円と2年ぶりに上がった。最高だった11年度に次ぐ高水準だった。原料炭は5・6%安の1万3000円と2年連続で下がった。為替は1ドル99・97円と21・1%円安に振れた。鉄鉱石の円建ての値上がりは円安効果だが、原料炭は大幅の円安を上回るドル建ての値下がりを反映した。

おすすめ記事(一部広告含む)