2014年7月22日

新日鉄住金八幡、安倍首相が産業革命遺産を視察

 安倍晋三首相は18日、新日鉄住金が八幡製鉄所に保有している「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産である、旧本事務所、修繕工場、旧鍛冶工場を視察した。安倍首相が先月策定した成長戦略を踏まえ、先進的な取り組みを行っている施設や企業を訪問する機会に実現したもので、新日鉄住金の進藤孝生社長、谷本進治常務執行役員八幡製鉄所長が同行、案内した。

おすすめ記事(一部広告含む)