2014年9月30日

普通鋼在庫 国内向け、591万6000トンに増

 日本鉄鋼連盟が30日発表した普通鋼鋼材需給速報によると、8月末の国内向け在庫は前月比33万3000トン、6%増の591万6000トンで2カ月ぶりに増加し、2001年10月(598万トン)以来、約13年ぶりの高水準に積み上がった。輸出船待在庫は16万トン、16・8%増の111万4000トンで2カ月連続増。8月末の在庫率は19・9ポイントアップの120・9%でリーマン・ショック後の09年5月(133・2%)以来の高水準、うち国内は30・4ポイントアップの161・3%で同じく09年3月(165・6%)以来の高水準となった。

おすすめ記事(一部広告含む)