2015年4月28日

コマツ・三井物産、メキシコで建設機械・鉱山機械の代理店設立

 コマツは27日、三井物産とメキシコでの代理店を再編し、建設機械、鉱山機械の代理店を新たに設立することで基本合意したと発表した。当局の承認を条件に三井物産の墨子会社でコマツの鉱山機械のサービスを行うロードマシナリーの株式60%を、2015年10月末をめどにコマツのグループ会社を通じて取得、さらにコマツのグループ会社を通じて保有する100%子会社の建設機械代理店、コマツマキナリアスメキシコとロードマシナリーを統合、コマツが持ち株比率の60%、三井物産が40%の建設・鉱山機械代理店設立を検討することも基本合意に含まれるという。

おすすめ記事(一部広告含む)