2015年11月30日

明治鋼業、広幅フォーミングライン増設

 各種表面処理鋼板のレベラー加工やロールフォーミング加工などを行う明治鋼業(本社=東京都千代田区、井上憲二社長)は栃木工場(佐野市)に広幅ロールフォーミングラインを増設し、今月から本稼働を開始した。投資金額は約8000万円。製品幅800ミリ、同高さ100ミリまで対応する、フォーミング加工としては大型のラインで、特定ユーザー仕様の建材製品を生産する。高品質・高付加価値シフトをさらに推し進め、ユーザー直結型の加工販売を増やす狙いだ。

おすすめ記事(一部広告含む)