2016年5月6日

高炉3社、16年度設投7800億円に増

 新日鉄住金、JFEホールディングス、神戸製鋼所の国内高炉メーカー大手3社の2016年度設備投資額(連結、工事ベース)は、3社合計で前年度比24・4%増の7800億円程度となる見通しだ。15年度のマイナスからプラスに転じる見込み。至近5年間では新日鉄住金などで大型投資が集中した12年度(3社合計で7145億円)を超える高水準となる。中国ミル影響に伴う国際市場の混乱、国内需要回復の遅れなど厳しい環境に置かれる中、新日鉄住金、JFE、神戸製鋼は上工程を中心に老朽更新等の投資を実施するほか、競争力強化のための国内設備の基盤整備を進めていく。

おすすめ記事(一部広告含む)