2016年5月20日

鉄スクラップ、4カ月ぶり下落局面

 国内鉄スクラップ市況が今年1月以来、約4カ月ぶりに下落局面を迎えている。中国の台湾向けを中心としたビレット輸出価格の急落を受けて、東アジアの鉄スクラップ市況が急速に低迷。韓国向け鉄スクラップ輸出価格が4月下旬の高値から5000円下落するなどの輸出安を受けて、「湾岸部での荷止めや集荷価格の急落、市中の先安ムード台頭でメーカーへの出荷が加速している」(流通筋)ことにより、電炉メーカー各社の鉄スクラップ購入価格引き下げの動きが広がっている。

おすすめ記事(一部広告含む)