2017年2月3日

NSSC、経常益76%増90億円

 新日鉄住金ステンレス(NSSC)が2日発表した2016年4―12月期の連結決算は営業利益が前年同期比88・8%増の101億1400万円、経常利益も76・7%増の90億5700万円となった。為替が前年同期比で1ドル15円程度、円高に触れるなどのリスク要因があったが販売数量や全社的なコスト、マージン改善により吸収し、実態損益ベースでの利益が大幅に増えた。二相鋼やFW鋼など独自鋼種のソリューション拡販も寄与した。通期見通しは国内ステンレス需要が堅調でニッケルなどの在庫評価損が消えることなどマイナス要因が減少するため、単独ベースで経常利益100億円超えを目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)