2017年3月1日

日鉄住金建材、新世代足場が好調

 日鉄住金建材は昨年6月、新世代システム足場「ネオ・ダーウィン」を発売したが、発売後8カ月を経過し、年間目標である10万平方メートルを達成した。組立・解体作業がスピーディーで短工期や省力化につながることがゼネコンなどから高評価。リピーターが生まれ、リース業者に引き合いが寄せられるなど拡販につながっている。決算期末まで1カ月あり、同社はさらなる実績の積み増しに意欲を見せる。

おすすめ記事(一部広告含む)