2017年3月14日

新日鉄住金、圧延研究部と一貫プロセス研究部統合 室蘭に製銑部新設

 新日鉄住金は13日、技術開発本部プロセス研究所の圧延研究部と一貫プロセス研究部を鋼圧一貫研究部として統合するなどの4月1日付組織変更を発表した。両研究部の機能を集約、連携を強化することで、研究開発を深化させる。室蘭製鉄所には製銑部を新設する。室蘭から八幡製鉄所への鋼片分譲開始に伴い、室蘭で製銑機能を担う北海製鉄を含めた製造実力を維持、向上させる。製銑部が北海製鉄製銑部門の操業整備業務を受託し、設備部は新たに製銑工程の整備機能を受け持つ。

おすすめ記事(一部広告含む)