2017年3月17日

日鉄住金鋼板 鋼板全種、再々値上げ

 日鉄住金鋼板(細貝清司社長)は国内向け鋼板製品の全品種(溶融亜鉛めっき鋼板、ガルバリウム鋼板、カラー鋼板など)について、4月1日出荷分から販売価格を現行に対し、トン1万円以上引き上げる。昨年7月と12月に続く「再々値上げ」となる。今年1月以降、原板の調達コストや亜鉛・アルミなどの副原料価格が一段と上昇していることへの対応で、単独の努力によるコストアップ吸収は極めて困難な状況であり、再生産可能なレベルまでの価格改定が必要と判断した。

おすすめ記事(一部広告含む)