2017年3月28日

熱金鋼業、二次加工対応力を強化

 厚鋼板溶断加工を主業務とする熱金鋼業(本社=愛知県弥富市、山村彰弘社長)は20日、本社弥富工場内に鋼板折り曲げ加工機(プレスブレーキ)を1基増設し、3基体制とした。顧客からの二次加工ニーズに対し、設備の稼働安定性を高めるとともに、最新機種の導入による加工精度の向上などで対応力を強化した。

おすすめ記事(一部広告含む)