2017年7月25日

金属・樹脂など固体廃棄物、中国が輸入規制強化

 中国の環境保護省は20日、金属や樹脂、紙など固体廃棄物4類24種の輸入を年末までに禁止する方針を明らかにした。国内の廃棄物利用を促進し、循環型経済を形成するのが狙い。すでに今月1日から固体廃棄物を輸入・加工する業者の環境違法行為の調査を進め、日々調査状況を公表している。廃家電など日本の雑品輸出にも影響を及ぼす見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)