2017年7月25日

関西地区の異形棒流通、唱え引き上げへ 市況上伸の可能性強く

 共英製鋼など異形棒鋼メーカーが製品価格の引き上げに動いているが、関西地区の異形棒鋼扱い筋は「メーカーは収益面で厳しい状況となっており、今回の製品値上げは理解できる。足元の需要環境は厳しいが、今後、流通としても売値を徐々に引き上げていく必要がある」と好意的に受け止めている。先行き、地区の異形棒鋼市況は上伸する可能性が強まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)