2017年7月27日

ステンレス冷薄市況、関東で1万円上伸 国内需給タイト化映す

 関東地区のステンレス冷延薄板(板厚2―3ミリ、2B製品)市況は25日までに前月比トン1万円上伸し、指標品のSUS304ベースサイズ(Ni系)が同33万円、SUS430ベースサイズ(Cr系)が同26万円どころとなった。国内の需給バランスがタイト化しているため。店売り流通各社の在庫量も比較的少ない。各一貫メーカーは自動車、半導体、建材向けなどのひも付き向けにフル操業を継続しており、納期が遅れている。流通大手では秋口までにさらに再販売価格を引き上げたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)