2017年11月20日

新日鉄住金、国内向け黒ガス管・STK 引受け20―30%カット

 新日鉄住金は国内向けの鋼管について、下期から引き受けカットの対象品種を拡大した。今年度上期から、めっきとねじの需要に対し能力が追い付かず、白ガス管の引き受けカットを実施している。この下期からは母材となる薄板がタイト化したことを背景に、黒ガス管とSTKについても引受量を従来比で20―30%カットしている。

おすすめ記事(一部広告含む)