2017年11月21日

ヤマトスチール、店売りH形など3000円上げ

 ヤマトスチールは21日、12月4日出荷分からの店売り向けH形鋼価格と12月契約分の一般形鋼(溝形鋼・I形鋼)価格を前月比でともにトン当たり3000円引き上げると発表した。販価引き上げは2カ月ぶり。主原料となる鉄スクラップ価格が今年最高値を記録するなど上昇基調が続くほか、副資材や輸送費などの諸コストも上昇する中で、建築関連を中心とした鋼材需要が底堅いことから値上げを決めた。製品の申し込み締切は来週27日まで。

おすすめ記事(一部広告含む)