• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2018年2月2日

神戸製鋼 品質問題での減益要因 アルミ・銅40億円に増

神戸製鋼所の河原一明・常務執行役員は1日の決算会見で、同社がアルミ・銅製品などの検査データ改ざん問題が2018年3月期(今期)の下期に100億円の連結経常減益要因になるとの見通しは「変わらない」とした上で、このうちアルミ・銅部門が占める割合が前回(昨年10月)発表の30億円から40億円に増えたと説明した。従来説明していた不具合品の廃却に伴う損失や歩留まり悪化に伴うコストアップ販売減に加え、今回新たに顧客の保証費用の請求を盛り込んだため。一方、アルミ・銅以外(鉄鋼部門や本社など)が占める割合は、前回の70億円から60億円に縮小したため、全体では100億円のまま変わらなかったとした。

アルミ銅製品の販売減には「工場のJIS・ISOの取り消しや一時停止の影響も一部含まれる」(河原常務)とした。一方、60億円には「アルミ・銅製品以外の数量減少のほか、今回の問題で本社が弁護士などの専門家を起用した費用など」(同)が含まれる。ただ建設機械部門の業績好転などがこうした悪化要因を補うとして、18年3月期通期の経常利益予想は従来の500億円から600億円に上方修正した。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/08/21
H2新断プレス
35200円 (―)40500円 (―)
317.4ドル (1.87)365.19ドル (2.16)

 換算レート (TTS) 110.9円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/08/21調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22650022500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 671 666 669 664
電気亜鉛 314 308 314 308
電気鉛 283 280 283 280
アルミ二次地金 99% 215 210 215 210

非鉄金属市場価格へ