2018年5月29日

明治鋼業、浦安工場リニューアル 屋根・壁など刷新

 各種表面処理鋼板のレベラー加工やロールフォーミング加工などを行う明治鋼業(本社=東京都千代田区、井上憲二社長)はこのほど、昨秋から進めていた浦安第三工場(千葉県浦安市港)の全面リニューアル工事が完工した。総額3億円を投じて、工場の稼働を維持しながら、鉄骨の柱以外の屋根や壁、母屋、胴縁など、老朽化した構造部材を全て取り替え、耐震性を補強。屋根壁には断熱材を適用したほか、ルーフファンも更新し、快適で安全な職場環境の維持・向上を図った。

おすすめ記事(一部広告含む)