2018年6月21日

アイジー工業、発泡樹脂断熱材ノンフロン化 今期、全商品で達成へ

 金属製外装材大手のアイジー工業(若尾直社長)は2019年3月期、地球温暖化対策の一環として推進している発泡樹脂断熱材のノンフロン化について、全商品で達成する。3月の一部金属サイディングの切り替えにより、住宅向けの外壁材・屋根材はすべてノンフロン化を達成したが、本年度中には「断熱ヴァンドNZ50」「WHパネル25N」についてもノンフロン発泡剤HFOへの切り替えを行い、非住宅向け商品を含めて全商品のノンフロン化を図る方針。

おすすめ記事(一部広告含む)