• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2018年7月6日

薄板市況、先高観が台頭

 国内薄板市況に先高観が台頭してきた。店売り市場の荷動きは依然として緩慢だが、価格転嫁の停滞が長引く中、商社やコイルセンターなどの大手流通が採算改善に本腰を入れ始めており、トン当たり3000円の唱え上げに対し、すでに熱延鋼板などの品種は値上げが一部浸透。今月帳端明けからの完遂を目指す動きが活発化している。自動車や電機など大口需要家向けの好調を受け、高炉メーカーでは薄板ラインのフル操業が続いており、一部メーカーは今月から店売りの大幅な引き受け削減を実施。こうした需給タイト化への懸念も上昇基調に向かわせている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/09/18
H2新断プレス
35500円 (200)40500円 (200)
314.63ドル (2.54)358.95ドル (2.66)

 換算レート (TTS) 112.83円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/09/18調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22650022500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 686 681 684 679
電気亜鉛 303 297 303 297
電気鉛 285 282 285 282
アルミ二次地金 99% 212 207 212 207

非鉄金属市場価格へ