2018年11月2日

豊田メタル、ASRリサイクルライン更新へ

 自動車リサイクルの豊田メタル(本社=愛知県半田市日東町1―6、村田稔社長)は来春以降、2021年度の完了を目指しASR(自動車破砕残さ)のリサイクルラインの更新を検討している。能増後のASR処理量は現行比で20%程度アップし、現在、年間約14万台を手掛ける使用済み自動車の処理台数もそれに伴い引き上げる方針。総投資額は8億円を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)