2018年11月15日

経産省・黒田金属課長、自工会に取引適正化要請 車向け支給材価格問題

 特殊鋼など自動車向け支給材と市況の価格差が広がり混乱している問題で、経済産業省の黒田紀幸・製造産業局金属課長は13日、自動車工業会の材料部会に出席し、自動車大手各社に取引適正化を要請した。自動車産業適正取引ガイドラインに示された買いたたきの例や、原材料、エネルギーコスト増加分の適正な価格転嫁に関する経産大臣名の2014年の要請などにも触れ、取引の適正化を求めた。金属課は経産省の自動車課を通じても同様の要請を自動車業界に伝えており、今回は黒田課長が直接自動車業界側に訴えた。

おすすめ記事(一部広告含む)