2018年12月19日

鉄スクラップ 関西輸出価格2万8849円

 関西鉄源連合会(会長=黒川友二・扶和メタル会長)が18日に実施した第80回鉄スクラップ共同輸出入札は、平均落札価格がトン当たり2万8849円(大阪湾岸FAS・H2グレード)だった。1番札が2万9400円で2600トン、2番札が2万8610円で6000トンの計8600トンを成約。9月20日の前回比で5901円安となったほか、今月11日の関東テンダーの平均落札価格から629円安い。韓国向けを中心とした既契約分の船積みが増え、輸出向けの荷動きは改善しているものの、「新規商談における輸出不振は続くなど、鉄スクラップ輸出市況はいまだ回復基調にない」(シッパー筋)という。

おすすめ記事(一部広告含む)