2019年2月22日

柿木鉄連会長 19年度国内鉄鋼需要環境は好調

 日本鉄鋼連盟の柿木厚司会長(JFEスチール社長)は21日の定例会見で、2019年度の国内鉄鋼需要環境について「産業別に凸凹はあるだろうが、全体としては好調に推移するのではないか。東京五輪などを控えて建築関連需要は底堅く、国土強靭化要請の高まりを受けて土木関連需要も堅調に推移する。自動車は消費税増税前の駆け込み需要が想定されるため上半期の生産が多くなるとみているが、政府も対策を講じているので前回ほど段差は大きくならないだろう」との認識を示した。その上で「産業機械分野における中国向け輸出の減速、受注が回復しつつある造船メーカーの建造ピッチ、特殊鋼の需要動向などは慎重に様子を見ていく必要がある」と付け加えた。

おすすめ記事(一部広告含む)