2019年4月1日

海外系ヤード、非鉄分野に軸足移行 雑品の扱い困難に 北信越地区

 北信越地区の海外系リサイクルヤードが非鉄分野に軸足を移している。中国の廃棄物輸入規制や日本の廃棄物処理法およびバーゼル法の改正などによる市況悪化を受け、雑品スクラップの取り扱いが難しくなっているためだ。日本市場で事業継続を模索する一部の業者は銅系やアルミ系の非鉄金属スクラップに加え、中古自転車や中古農機具の輸出に注力している。

おすすめ記事(一部広告含む)