2019年4月8日

共英製鋼・越TVP、港湾事業が本格化

 共英製鋼のベトナム子会社、チー・バイ・インターナショナル・ポート社(宮村明央社長、以下TVP)の港湾事業が本格化している。共英製鋼グループのビナ・キョウエイ・スチール社(VKS)向けを中心とした同国南部電炉メーカー向け鉄スクラップや、現地リローラー向けホットコイルの荷揚げ業務のほか、鋼材製品輸出などの取扱量が増えて昨年後半から収益が大きく改善。今後は「鉄鋼関連の取引社数・件数拡大に加えて、年々増加傾向にある穀物など、一般貨物の取り扱いも目指したい」(宮村社長)という。

おすすめ記事(一部広告含む)