2019年4月17日

関東一部電炉、鉄スクラップ買値3万円割れ

 国内鉄スクラップ相場が続落し、関東地区では一部電炉メーカーの鉄スクラップ購入価格(H2、中心値)が約2カ月ぶりにトン当たり3万円を割り込んだ。韓国向けを中心とした鉄スクラップ輸出価格の続落が国内相場の下押し材料となった。16日入荷分から東京製鉄が全拠点で鉄スクラップ購入価格を引き下げ、各地区電炉メーカーも東鉄に追随する形で値下げを実施している。

おすすめ記事(一部広告含む)