2019年5月13日

太田商事 大府鋼材センター、H形開先機を更新

 建材や鋼材などを扱う老舗企業、太田商事(本社=愛知県刈谷市、太田啓一社長)は、一般鋼材の加工・物流拠点である大府鋼材センター(大府市横根町)で、H形鋼用開先機を1基更新し連休明けから稼働を開始した。従来機種から約60%高速化することなどで生産性を高め、加工量を現状の月間1000トンから1200トン程度に引き上げるとともに、加工精度などの品質向上も図ることで、需要家への納期、品質両面へのサービス向上につなげる。

おすすめ記事(一部広告含む)